格安韓国ツアー、格安韓国旅行、12月からソウルの大型レストラン·居酒屋での全面禁煙施行・激安韓国ツアー、お得な韓国旅行情報はエックス・コリア!

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス


12月からソウルの大型レストラン·居酒屋での全面禁煙施行

0



来月8日からソウル市内の大型レストランとバー全体が禁煙区域になる。13日、ソウル市によると、国民健康増進法改正で、この日から面積150㎡以上の市内のレストラン(休憩·一般)とパン屋、パブ8万ところ全面禁煙が施行される。

現在、国民健康増進法では、150㎡以上の一般のレストランやバーで喫煙エリアと禁煙エリアを分離する必要がないという規定を置いている。

しかし、改正法は、レストランを全面禁煙区域に指定し、別の小さなスペースでのみ喫煙することができた。

市関係者は "大型コーヒーショップなどは、現在のコーヒーを飲みながら休むことができる禁煙エリアがありますが、今後立ってタバコだけ咲く喫煙概念の空間が与えられる"と説明した。

市はさらに禁煙区域から除外されている小規模な店を含めてすべての内部大衆利用施設が規模に関係なく、禁煙施設に含まれるように法令の改正を促す計画だ。

取り締まりは来年3月から本格化する。 現在は室内禁煙施設での喫煙行為を摘発されれば軽犯罪処罰法に基づいて2〜3万ウォンの反則金を課すが、来年3月21日からザヴァランシュ自治体で5〜10万ウォンの過怠料を賦課する法令が改正される。

市はこれにより、ソウル市民が経験している室内での受動喫煙経験率を32.2%( 2011年 )から2020年までに20%以下に下げる計画だ。

ソウル市は、受動喫煙の被害をはじめ、大人と青少年の喫煙率、喫煙の格差などを減らすための禁煙政策も推進する。

成人男性の喫煙率を下げるために、年間5万人以上の登録·管理されている保健所禁煙クリニックの機能を強化してたばこ値上げ方針を実施するよう政府に要請する計画だ。

昨年ソウル市成人の喫煙率は23.0%で集計された二重の男性は42.7%、女性は3.6%だ。

青少年の場合には、取り締まりを強化して、青少年のタバコの購入およびアクセスの機会を下げる法令の改正を積極的に推進する。

まず来年上半期から違法タバコ広告について取り締まりを起動し、 "青少年有害環境監視団"を活用して、たばこ購入の監視活動を強化するなど、青少年がタバコから安全な環境を作っていく計画である。

特に子供の保護区域の中でタバコ販売許可を禁止するタバコ事業法の改正を提案し、店舗内のタバコ陳列禁止などが法制化されるように、国民健康増進法改正を要求する予定だ。

これにより、青少年の喫煙率を2010年の12.0%から2020年までに10%以下に下げるという目標だ。

このほか、市は、社会的弱者の喫煙率減少のために、永久賃貸マンションの住民を対象に禁煙相談を強化し、薬物治療が必要な重症の喫煙者のために協力病(の)元と連携して禁煙診療券制度を拡大していく予定である。

また、保健所を訪れた患者にのみ進行した禁煙相談サービスを喫煙率が高い流通業界や中小企業などの労働者中心の移動禁煙クリニックの運営を強化する。

市関係者は"昨年3月2日、受動喫煙ゼロ(Zero)ソウル宣布式を使って、公共の場所の受動喫煙被害をなくしたいと宣言したことから一歩進んだことにより、2020年までに、世界保健機関 (WHO)が規定する禁煙都市を達成する計画だ "と話した。

世界保健機関(WHO)は、すべての室内大衆利用施設と公共交通機関を禁煙区域に指定することを禁煙都市と規定している。

一方、市は14日午前10時、ソウル市庁新庁舎3階大会議室で "禁煙都市ソウル"宣布式を開く。

宣 布式には、世界保健機関西太平洋地域(WPRO)代表スーザン·メールカルも(Susan Mercardo)健康政策局長とソウル市の市議会ギムギオク保健福祉委員長、タバコ規制連盟(FCA)のも押されたヴィラ·レッズ博士(Dr. Domilyn Villar reiz)、ソウル市5つの保健医療従事者団体長、禁煙関連市民団体などが参加する。

韓国地下鉄の駅周辺ストリートビュー

Top

コメント

(0)

コメントする


格安韓国ツアー・格安韓国旅行情報サイト