格安韓国ツアー、格安韓国旅行、清渓川(チョンゲチョン)、格安韓国観光スポットツアー、お得な韓国旅行情報はエックス・コリア!

マタニティウェア,授乳服,マタニティグッズ,マタニティ商品,マタニティ,激安,格安,激安マタニティウェア,おしゃれな授乳服専門店 マミス


清渓川(チョンゲチョン)

0

清渓川(チョンゲチョン)

エリア
ソウル市内 > ソウル中心部 光化門(グァンホアムン)
韓国名称
清渓川(チョンゲチョン)の韓国名称

アクセス情報

地下鉄
  • 1号線1号線「鍾路(チョンノ)3街」駅13番・14番出口
  • 5号線「光化門(クァンホアムン)」駅5番出口

清渓川(チョンゲチョン)のホームページ

清渓川(チョンゲチョン)の周辺ストリートビュー

清渓川(チョンゲチョン)の概要

ソウルでは2種類の川を目にすることができます。ひとつは首都ソウルを横切る漢江(ハンガン)、もうひとつは都心を流れる清渓川(チョンゲチョン)です。ソウルの中心に澄んだ小川の光景は忘れられない観光スポットの一つ。
ソウルの川の中で一番美しい清渓川(チョンゲチョン)は長さが10.9kmで、都市の中心を流れています。清渓川(チョンゲチョン)はソウルの西北に位置する仁王山と、北岳の南側の斜面、南山の北側斜面を源として、土城内側で出会い流れていきます。
清渓川(チョンゲチョン)の流れるところは600余年以上の韓国の政治、社会、文化、経済の中心を担ってきた由緒ある地域です。朝鮮王朝の頃、1773年人口増加に伴って溝を整備したのが今日の清渓川(チョンゲチョン)の原形で、日本帝国時代と朝鮮戦争を経て、ソウルの人々の生活下水道となってしまいました。
その後、清渓川(チョンゲチョン)地域は急激にスラム化していきました。そして川をコンクリートで覆い、その上に高架道路を建設して、交通量を増加させたことによって、環境はより深刻に悪化しました。復元される前の清渓川(チョンゲチョン)は、ソウル市で一番混雑した、騒音の激しい場所でした。清渓高架道路のコンクリートの塊は経済成長期の負の遺産として認識されてしまったのです。
しかし、清渓川(チョンゲチョン)は2003年からの2年間にかけて、新しく復元され全く違う空間へと変わりました。散策路と川底はコンクリートではなく粘土質と石で造られ、周辺には柳を植えて、湿地帯とし、鳥類、魚類棲息地なども整備されて渡り鳥や魚もやってくる自然の河川として変わったのです。
清渓川(チョンゲチョン)はこのように新しく生まれ変わってから、一日平均10万名の余りの観光客が訪ねてくるソウルの名所となり、人々に愛されています。
清渓川(チョンゲチョン)は市民たちの憩いの場であり、ハイ・ソウル・フェスティバルと冬の行事として光の祝祭などの文化フェスティバルが開かれる空間として大きく注目されています。
清渓川(チョンゲチョン)では一日平均3.1回ずつ芸術イベントが開催され、広橋ギャラリーではさまざまな形での展示などが行われています。
清渓川(チョンゲチョン)はソウルの都心を旅行する際には絶対に外せないコースです。まるで巨大なインテリア作品のように現代美を持った清渓川(チョンゲチョン)を歩けば、知らないうちに心もうきうきしてくるでしょう。そして色とりどりの照明とバラエティに富んだオブジェがマッチした清渓川(チョンゲチョン)の風景を見れば、誰もが感動することでしょう。それぞれ違う形の個性的な橋を始め、散策路の至るところにはソウルの歴史と文化が隠れているので、思わず足を止めてしまいます。

【その他】 |清渓川(チョンゲチョン)

「光化門(クァンホアムン)」駅から「鍾路(チョンノ)3街」駅の区間が見所

韓国地下鉄の駅周辺ストリートビュー

エリアマップ |清渓川(チョンゲチョン)

清渓川(チョンゲチョン)のアクセス

清渓川(チョンゲチョン)へのアクセス

※マウス操作でグーグルマップの拡大・縮小及び移動などができます

清渓川(チョンゲチョン)へのアクセスマップ Loading...

清渓川(チョンゲチョン)の韓国観光スポット

コメント

(0)

コメントする


格安韓国ツアー・韓国旅行の観光スポット